お酒とタバコは相性が最悪?

私たちは生活の中に多くの楽しみがあります。
仕事をすることが楽しみの人や自分の趣味をすることが楽しみな人、家族と過ごすのが楽しみな人など様々です。
どの楽しみも生きる目標ができて良いものです。
しかし、お酒やタバコが楽しみという人は少々問題があります。
お酒はアルコールが入っているので、気分がよくなったり、楽しくなったりするものです。
また、お酒を他の人と飲むことによりコミュニケーションが円滑にいくという場合もあります。
お酒は適量ならば体にも良いという面もあるので、その量や飲み方を守ればある程度は問題ありません。
しかし、タバコは問題です。
タバコはその人の体を徐々に蝕み、様々な病気を引き起こします。
中毒症状があるので、そう簡単にはやめられません。
今ではタバコを止めるための施設や外来なども登場し、禁煙グッズだけではケアが足りない状況になっています。
このお酒とタバコを同時に楽しむ人が結構沢山います。
「お酒とタバコは相性が最悪?」と聞く人がいますが、実際のところはやはり最悪なのです。
お酒を飲んでしまうとタバコを吸いたくなる中毒症状が出ます。
これにより、タバコの量も増えていき、より健康から遠ざかってしまうのです。
お酒とタバコを上手にコントロールすることが健康への第一歩になります。

禁煙関連の注目記事