禁煙したら太る?

禁煙したら太る?と思う人が多いです。
禁煙時に太るその理由は、ニコチン依存に関係があります。
ニコチン依存が高い人ほど禁煙すると体重が増加すると思われています。
喫煙中は、味覚や嗅覚が鈍くなることがあり食欲が減りますが、禁煙をすることで味覚・嗅覚が回復し、食欲が増進します。
たばこに含まれるニコチンには、基礎代謝亢進作用があり禁煙でその作用がなくなることから、基礎代謝が落ちて太るとも考えられています。
また、たばこを吸っていた時に比べると禁煙時は口が寂しく手持ち無沙汰になることがあり、それを補うためについ間食してしまうことがあります。
口の寂しさはガムや飴・干し昆布で紛らわすと良いです。
たばこをやめると体重が少し増えるかもしれませんが、たばこによる病気のリスクは減り健康的な生活ができ、病気のリスクが減ります。
禁煙を始める理由は、自分や家族の健康のため・たばこ代を節約するなどがあります。
禁煙を始めるには、自分の喫煙パターンを知ることが必要です。
喫煙の本数が多い人は、本数を減らし少しずつニコチンの量を減らして調節していくことから始めます。
ニコチン切れの症状であるイライラに強くなり、最終的には禁煙できる状態になると思われます。

禁煙関連の注目記事