禁煙の際の禁断症状の緩和方法について

煙草の煙には非常に依存性の強いニコチンが含まれています。そのため禁煙を試みても、ニコチンが体から抜けるまでの間、あるいは煙草を吸っている習慣が抜けきらない内は、その禁断症状に悩まされることも少なくありません。しかしせっかく禁煙を続けてきたのに、そこで煙草に手を伸ばしてしまっては、それまでの苦労も水泡と帰してしまいますから、適切な手段で緩和をはかることが重要です。禁煙の際の禁断症状の緩和方法として、まずは禁煙補助グッズなどを適切に使用することが挙げられます。特に、ニコチンが含まれている正式な禁煙補助グッズは、医師の指導の下で利用すれば、かなりの緩和効果を期待することができます。また、煙草を吸いたいと言う気持ちが、生活の中の何らかの行動と結びついている人は、生活パーターンを変えその行動を少なくすることも、禁断症状緩和方法としては有効です。たとえば、食事をお腹いっぱい食べると煙草を吸いたくなっていたと言う人は、食事をお腹いっぱい食べないとか、食事量を少しずつにわけてこまめに食べるとか言うふうにしてしてみると、効果が出てくる場合もあります。行動だけではなく、生活の中の環境を見直すと言うのも、禁断症状を抑える、あるいは感じないためには重要なことです。禁煙中に灰皿、ライターと言った煙草を連想させるものを見てしまうと、どうしても煙草を吸いたいと言う気持ちがよみがえってきてしまいます。ですから、そうしたものを極力、見ないようにする、またそうしたものがあるような場所には近づかないと言うのも重要です。これには、時には周囲の人の協力も必要になりますから、禁煙中であることを周囲に公言しておくと良いかもしれません。その他にも、禁煙をしている代わりに、他のことではなるべく、できる限り我慢をしないことや、煙草を吸う以外に何か夢中になれる趣味のようなものを見つけるのも、禁断症状の緩和方法としては有効です。

禁煙関連の注目記事